東京の雑貨屋 - 4ページ目

1ページ目へ

  • とことこ雑貨店

    とことこ雑貨店

    「絵本の森の中に迷い込んでしまった」と思わせる不思議な内装の店内には、「ネコ」と「森」をテーマにした3000種類以上の商品が所狭しと並んでいる。 圧倒的な世界観のこの雑貨屋さんに迷い込めば、気分はまるで宝探し♪ あなたのとっておきの宝物に出会えるはず!

    とことこ雑貨店

    東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-17 3F
    地図

    詳細情報

  • ASOKO 原宿店(アソコ)

    ASOKO 原宿店(アソコ)

    ありふれた毎日に、ちいさな感動を。"サプライズを楽しもう。"をコンセプトにしたプチプラ雑貨店。白を基調にした店内に、世界中からセレクトされた約1,000点の商品が並ぶ。キッチン用品、生活雑貨からDIY系ツール、ガジェット系まで、幅広いラインナップ。どれもカラフルでポップ。

    ASOKO 原宿店(アソコ)

    東京都渋谷区神宮前6-27-8
    地図

    詳細情報

  • Le Midi(ル・ミディ)

    Le Midi(ル・ミディ)

    "Le Midi"(ル・ミディ)は、フランス語で南フランスのこと。取り扱うアンティークは小物・雑貨・器等も全て南フランス一色。年2、3回は店主自ら現地へ行ってい知れているこだわりの品々が揃う。アンティークの他、アレンジやアクセサリーなどに使える珍しい木の実の販売も。可愛いらしくデザイン性に溢れる木の実の使い方はセンス次第。

    Le Midi(ル・ミディ)

    東京都杉並区善福寺1−4−1
    地図

    詳細情報

  • M+(エムピウ)

    M+(エムピウ)

    台東区蔵前にて活動する村上雄一郎氏の革製品ブランド。販売するものは皮のバッグや履物など。自然が育む天然素材、信頼できる職人、そして使い手の一人一人が関わりながら、m+の革製品は生まれている。タンニンなめしの革を素材に日本でつくることを基本とした商品を販売している。

    M+(エムピウ)

    東京都台東区蔵前3-4-5 中尾ビル
    地図

    詳細情報

  • deux C 自由が丘(ドゥ・セー)

    deux C 自由が丘(ドゥ・セー)

    「フィル・エ・クチーレ」の直営ショップである「ドゥ・セー」。普段着使いのウェアや日用雑貨を中心に取り揃えている。フィル・エ・クチーレのオリジナルに加え、国内外で買い付けた、ドゥ・セーだけのオリジナル商品も。良質で機能的な心地よい日常生活を提案している。

    deux C 自由が丘(ドゥ・セー)

    東京都世田谷区奥沢5-20-19
    地図

    詳細情報

  • ガレ理ア

    ガレ理ア

    自家製の家具や道具などの製作と古道具を取り扱う。 オリジナルの家具は、シンプルな形と、ずっと何年もそこに居たかのような洗いざらしの素朴な質感が持ち味。古道具は、時間を経ることで手にしっくりと馴染むような、それでいて古臭さを感じさせないものを選んでいる。 体験型講座のワークショップを開催しているのも魅力のひとつ。店舗スペース奥のささやかな工房にて、店主自らが作っているお店にある商品を、実際に製作することの出来る。 物を作ることの楽しみに加え、お店の持つ「非日常的ながら生活感という体温を感じられる」雰囲気をじっくりと味わうことができる。

    ガレ理ア

    東京都台東区谷中3-2-10
    地図

    詳細情報

  • nido(ニド)

    nido(ニド)

    長い時を経てきたものや、遠い国の面影をもつものたちの密やかな物語がそっときこえてくるような、そんな詩的なステンドグラスがコンセプト。ランプや鏡、オーナメントなどオリジナルの定番商品からアンティークの家具にオリジナルガラスをはめ込んでリメイクした家具など。1点ものの商品が多数。

    nido(ニド)

    東京都台東区谷中3-13-6
    地図

    詳細情報

  • Arundel(アランデル)

    Arundel(アランデル)

    自由が丘に位置する「Arundel」。コンセプトは「不思議かわいい雑貨店」。不思議の国のアリスをはじめ、英国のキャラクターやヨーロッパ輸入雑貨、厳選した作家、アーティストのハンドメイド作品などを紹介している。

    Arundel(アランデル)

    東京都目黒区自由が丘2-13-3 自由が丘エスビル 3F
    地図

    詳細情報

  • 364(サンロクヨン)

    364(サンロクヨン)

    いつもの毎日が楽しくなるように、背伸びしてがんばりすぎないようにという想いが込めらた「364(さんろくよん)」という店名。暮らしにさりげなく寄り添ってくれる食材や、生活の道具を中心に取り扱う。作り手たちが手間を惜しまず丹精してつくった作品は、普段の日々を豊かにしてくれる。

    364(サンロクヨン)

    東京都杉並区西荻北3-13-16
    地図

    詳細情報

  • unico吉祥寺

    「肩の力を抜いた等身大の心地よい暮らし」をご提案するライフスタイルショップ。 シンプルなのにどこか懐かしさを感じるオリジナル家具からファブリック、 ラグ、カーテン、多彩なセレクト雑貨まで、幅広い品揃え。 “unico(ウニコ)”とは、イタリア語で「たった一つの」、「大切な」、「ユニークな」などの意味をもつ言葉。 unicoの家具がお客様にとって、たった一つの大切になものになることを願って名付けられている。

    unico吉祥寺

    東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目15-4
    地図

    詳細情報

380件中 31 - 40件目